窓のエコリフォーム減税

ご存知ですか? 窓リフォームで税金の控除が受けられます。

窓を一定の断熱基準=省エネ基準にリフォームすることで、税金の控除を受けることができます。その率は、所得税の10%などと固定資産税の1/3と、大変大きな減税率です。このことは、窓のリフォームの効果が大変大きい事の証拠のひとつです。

概要

控除は二種類の税金

税金には、国税と地方税の2つがあります。所得税は、国税になり、納付先は税務署になります。固定資産税は、地方税ですので、自治体の納税課や都税事務所の管轄になります。つまり、減税の申告は2つの場所に、足を運んでいただく必要があります。また、必要な書類が異なりますので、注意が必要です。

でも、ご安心ください。必要な書類は、私どもが作成します。

対象工事

税控除の対象となるリフォームは、耐震・バリアフリー・省エネとありますが、その中で、私どもがお手伝いたしますのは、省エネリフォームです。対象基準の大枠は、国が定めている省エネ基準である、平成11年基準をクリアする事です。住宅の「窓」「屋根」「壁」「天井」「床」がその対象となりますが、必ず「窓」の工事を含んでいる必要があります。(当然「窓」だけでも、OKです。)なにぶん、国のお金を減らしてまでも、国はやると言っているのですから、窓がどれだけ重要なのか、良くお分かりいただけると思います。

窓の工事

対象となる具体的な窓の工事には、次のようなものがあります。

より詳しくは下のリンク先をご覧になってください。