暖まらないエアコン 八王子M邸

リフォームのきっかけ

Mさん宅は長野県から八王子に丘陵地帯に引っ越しをしたその冬、長野県の家よりも寒いことに驚きました。その経験から長野家の性能までにリフォームをすれば、きっとこの家も暖かくなるに違いないとの判断したのでした。

丘陵地帯の閑静な住宅街

ご希望

ご友人から床暖房は気持ちいいとお聞きになり、また、足元から冷えるのが辛かったこともあり、床暖房での暖房を希望されました。お隣と隣接するお部屋が夏はとても暑く困っていらっしゃいました。

所見

南側には大きな窓があり、その先に落葉樹が植えられた庭がありましたので、夏、1階に関しては直接日差しが差し込むことがない事や逆に真冬の時期には陽がよく差し込むことがわかりました。お隣と隣接するお部屋は、お隣の1階の屋根と非常に近く、夏の時期、屋根からの照り返し(放射熱)と、軒が短く、庇がない事も暑さの原因であろうと判断しました。

工事内容

1階に関しては夏の時期は陽が直接は差し込まず、前にはお庭があるので地面からの放射熱は少ないと判断し、窓の断熱性能をできるだけ上げ、床裏は現場発泡施工としました。床暖房は床の断熱性能が一定程度以上の性能がないと熱は室内ではなく床裏の方向に向かうため、「一階で床暖房を設置したいのであれば、床の断熱を上げないと結局は床裏と地面(基礎)の空間を暖めるだけ」とお伝えしました。

こうして予定はされていなかった床の断熱工事をすることになりました。2階の暑さ対策は、断熱性能を高め尚且つ西日対策型Low‐E複層ガラス入りの内窓、木製ルーバーで対処する事にしました。予定外の床断熱でしたが、工事の規模が大きくなったことにより、補助金を活用することができ、補助金で予定外出費を大きく圧縮することができました。

工事費:1,750,000
窓の断熱工事費 Low-Eぺアガラス入り内窓×7窓 真空ガラス交換×6窓
床下の断熱工事費 既設グラスウール撤去+現場発泡ウレタン吹付 

工期:3日間(窓1日+天井半日+床裏1日)

お客様の声

「寒さに関してはもう全然! 以前は窓の近くに行くだけで冷気を感じましたが、今はガラスをさわっても全然冷たくない。結露もどこにもないですね。」「1月2月もエアコンやストーブは使わず、本当に床暖房だけ。」2階の暑さ対策に関しては、視線を遮りながら外窓を全開できるようになり「家全体に風が流れて過ごしやすくなりました。南側も庭木が直射日光を防いでくれるし、エアコンは暑さがかなり厳しいときに使うくらいかな。」との感想を頂きました。